毎日暑いですね
外に出ると
ジリジリと日焼けしていくのを感じます




今ほど情報がなかった時代は
日焼けなんて平気で
帽子も日傘もささずに歩いていました




夏の日の
日向と日陰のコントラスト
日陰の黒が濃かったですね




夕方、道に水を撒いているおじさん、おばさんが必ずいましたが
今はそういう光景をみかけなくなりましたね
子供達は今もラジオ体操のカードを首から提げて
公園や校庭に向かって走っていってるんでしょうか




昔、朝の涼しい時間帯に聴いていたラジオ体操の歌を
ひさしぶりにまた聴いてみたくなりました



















c0336408_00311420.png

 Okayama Izushi-cho 1-6-6 
Hirai honten
Bizen ware shop















[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-07-16 14:13 | ● ひとりごと

とうもろこし






こんな美味しいとうもろこしを食べたのは

初めてです



c0336408_23005015.jpg




平井本店に立ち寄って下さった茨城県のお客様が

ご自身で栽培されたとうもろこしを送ってきて下さいました



c0336408_23011763.jpg


甘みが逃げないように

皮付きのまま加熱します









皮をとってみると湯気と一緒に

こんなキラキラ光るとうもろこしが出てきました



c0336408_23005612.jpg






一粒一粒が輝いています


c0336408_23010025.jpg






備前焼のお皿にのせてみました


c0336408_23010565.jpg






加熱後もこんなに粒がふっくらです


c0336408_23011316.jpg





今まで食べてきたとうもろこしとは別物でした
みずみずしくてハリがあって
粒が弾けて甘みがあふれてきました





もさもさした感じが全くなくて
粒が歯に、はさがりません
(岡山の方言で、歯と歯の間に挟まらないという意味です)






丹精込めて大切に育てたとうもろこし
早速みんなでいただきました
おいしー あまーい びっくり
口々に歓声を上げ、笑顔になりました
本当においしいものを食べると笑顔になるんですね



ありがとうございました











最高のとうもろこしじゃ♪

c0336408_00060909.png

 Okayama Izushi-cho 1-6-6 
Hirai honten
Bizen ware shop












[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-07-08 00:11 | ● ひとりごと

牛乳ソフト




ハンプティ・ダンプティの牛乳ソフト

いちばん好きなソフトクリームです



c0336408_01023839.jpg
ひとくち食べちゃってます(笑)












やさしいおいしさ…♡

c0336408_23540220.png
Okayama Izushi-cho 1-6-6 
Hirai honten
Bizen ware shop













[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-07-05 01:05 | ● ひとりごと

アーツ&クラフツ商會 




BSの『アーツ&クラフツ商會』という番組
俳優の渡辺いっけいさんが進行役です
映像で見ると、ほんとわかりやすいです






備前焼で出来たマカロンの形の小物入れ、かわいかったです
そして土づくり、土練り、成形、窯詰め、窯焚き、窯出し
一瞬たりとも気の抜けない様々な工程を経て
手元にやってくるんですね













c0336408_23540220.png
Okayama Izushi-cho 1-6-6 
Hirai honten
Bizen ware shop








[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-07-01 20:08 | ● 備前焼

使い始めの湯煮




購入したうつわを使い始める時

湯煮をした方が割れにくいって言いますね






なんでこんなことするの?

って疑問に思いますよね



c0336408_18073593.jpg



窯の中での様子を想像してみると

例えばですが、

うつわの片方の側はものすごい高温にさらされているけれど

もう一方の側はそうでもない…ということが置かれた場所によってでてきます

たくさんの作品を一度に焼くので必ずそういうことがありますよね






ひとつのうつわの中でさらされた温度が違えば

焼くことによって生じる土の変化にも差があります






それを…

あったかいお湯に入れて全体を包んであげると

その差の中にお湯が入り込んで誤差をほぐしてくれます

均一になる感じです






備前焼の場合の湯煮は

お鍋の中で水から沸騰直前まで火にかけて

すぐ火を止めてゆっくり自然にお湯が冷めるまで

放置しておけばOKです






備前焼の土の気持ちになってみると



掘り起こされて
力を込めて練られて

捻ることで形を与えられて

窯の中で焼き上げられて




いろんな旅をしてきたなという感じでしょうか







人間もどこかの旅から自宅に帰ってきたとき

まずお風呂に入って疲れた身体をほぐしたいと思いますよね

うつわもそんなイメージで


お疲れさん

お風呂でも入って

疲れをゆっくりほぐしてね


と、ちょっとひと手間

お湯で疲れを取ってあげるといいかもです








c0336408_23540220.png
Okayama Izushi-cho 1-6-6 
Hirai honten
Bizen ware shop











[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-06-30 09:11 | ● 備前焼

いい湯だな




ババンバ バンバンバン 169.png         

       ババンバ バンバンバン 169.png  





いい湯だな

c0336408_23455249.jpg









紅茶の葉を入れて、お風呂につかってもらうと

おいしい紅茶の出来上がりです


c0336408_23460018.jpg













c0336408_23540220.png

Okayama Izushi-cho 1-6-6 
Hirai honten
Bizen ware shop
Since 1884










[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-06-22 23:55 | ● ひとりごと

一人分から



c0336408_16244519.jpg




いっぺんに揃えずに
まず自分用の一人分から揃えてみてはいかかでしょう



●ごはん茶碗
●小鉢   
●小皿   
●湯呑   




この4点くらいをお盆にセットしてみてください
ランチョンマットの上でもいいですよ






そこだけ世界が違っていて、気分は時代劇でしょうか

「あー、俺もそういうので食べたいなー」という声があがれば

翌日はその人にそのセットを使ってあげるといいです










c0336408_16243943.jpg










c0336408_00311420.png

Okayama Izushi-cho 1-6-6 
Hirai honten
Bizen ware shop
Since 1884












[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-06-11 17:00 | ● 備前焼

ビールの季節




気に入ったビアマグを手にすると
いろんなビールを飲んでみたくなります


c0336408_00142845.jpg
c0336408_00144043.jpg
c0336408_00143448.jpg


 



ビアマグの飲み口のフチが薄いのと分厚いのとありますが
人気なのはビアマグも、ぐい呑みも、薄い方です
食事のときに少しビールやお酒をいただきますの感じですね






個人的には…
三船敏郎になった気分でビールの泡の白いヒゲを付けながら
分厚いフチのビアマグで
グビグビ飲む方が暑さを吹き飛ばせそうな気がしています
                          ワイルドだろ~





c0336408_00295210.jpg
あれ?ガラスのコップで飲んでましたっけ








c0336408_00311420.png

Okayama Izushi-cho 1-6-6 
Hirai honten
Bizen ware shop
Since 1884












[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-06-10 00:18 | ● ビアマグ

川端文男さんのコーヒーカップ




たくさん『イイネ』や『お気に入り』を頂いた、
川端文男さんの珈琲カップとソーサーが入荷しています



c0336408_23081835.jpg

c0336408_23084848.jpg
口径 約9㎝   高さ 約7㎝
c0336408_23091892.jpg

c0336408_23104415.jpg
ソーサー 14.5㎝
c0336408_23105956.jpg
¥27,000





土づくりに膨大な時間がかかる、
自然練り込みという手法で作られた作品です




釉薬を全く使ってない自然な手触りでありながら
しっとりとした土の良さを感じることが出来ます




川端文男さんは前の記事に掲載の
備前焼作家横山直樹さんのお師匠さんです




一杯の珈琲が仕事の疲れを癒してくれます
本を読みながら
珈琲の香りとコクを味わうのも癒しの時間になりますね









c0336408_23243996.png
Okayama Izushi-cho 1-6-6 
Hirai honten
Bizen ware shop
Since 1884







矢印 ↑ デコメ絵文字 
  NET SHOPはこちらからどうぞ 













[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-06-09 23:42 | ● コーヒーカップ


明治17年 ( 1884年 ) から 出石町で小さな備前焼の店をやっています


by * H i r a i

メモ帳

     
072.gif NET SHOP

当店を装った偽サイトに
ご注意ください!





送料は着払いにて発送させていただきますので商品到着時にはお客様で送料をご準備下さい






【備前焼の店 平井本店】

●住所 
 岡山市北区出石町1-6-6

●電話 
 086-222-9512

●FAX 
 086-221-5399

●営業時間 
 10:00~16:30

●駐 車 場 
 近隣にコインP 有

●定休日 
 不定休

●お問い合わせ 

https://thebase.in/inquiry/hiraihonten 
 




【お知らせ】

このブログのコメント欄は承認制とさせて頂いております
不適切と判断したコメントについては、承認されない場合も ございますのでご了承ください











.

記事ランキング

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月

カテゴリ

全体
● 急須
● 湯呑
● 抹茶碗
● 花入れ
● 一輪挿し
● 大皿
● 小皿
● ごはん茶碗
● ぐい呑み
● 焼酎ボトル
● ビアマグ
● 酒器
● 徳利
● 焼酎杯
● コーヒーカップ
● 珈琲ドリッパー
● 置物
● 醤油さし
● すり鉢
● ライト
● 香炉
● シュガーポット
● ガーリックポット
● ボウル
● 備前焼
● ひとりごと

検索