ブログトップ

平井本店ブログ 

明治17年 ( 1884年 ) ~  岡山市出石町で小さな備前焼店をやっています


by * H i r a i

夏の抹茶




すだれ越しに朝顔を眺めながら抹茶をいだだくと
涼しい風が すぅ~と吹き込んできそうです




c0336408_21450634.jpg


c0336408_21453324.jpg


c0336408_21452625.jpg




土を練り 形を作り
焼けを考慮して窯の中での置き場所を決めます
窯で何日も高温で焼いていきます






釉薬なしでも 水漏れしないのは
頑丈に焼きしめられているからです






高温で溶けた灰が表面に流れたり
土の中の石が弾けたり
窯の中では土と炎が作品を作り上げていきます






完成した備前焼には
内に秘めた強さを感じます











[PR]
by mnbcpt2 | 2015-07-05 22:26 | ● 抹茶碗