偶然の一致




これ何だと思いますか?

同じ大きさ双子ちゃんみたいな備前焼ですが

実は左側の物は、煎茶の時の蓋置として

明治生まれのひいおじいさんが使っていた物なんです。



c0336408_23505262.jpg



そして右側の物は、息子が小学生の頃に陶芸クラブで作った爪楊枝入れです。

先日ひいおじいさんの煎茶の道具が入った木箱を開けたときに

そう言えば似たようなのがあったことを思い出して、ふたつを並べてみたら

あら不思議! ほぼ同じじゃありませんか。。。

こんなことってあるんですね~。








こんなふうに鉄瓶の蓋を置くのに使っていたようです
c0336408_23523355.jpg







ひいおじいさんが使っていたもの
c0336408_23515439.jpg







息子が小学校で作ったもの(備前焼の土で作成)
c0336408_23521375.jpg







会ったこともない、ひいおじいさんと曾孫

時を超えた偶然の一致に驚いています。



c0336408_23513479.jpg













不思議だね~ そっくりだ
c0336408_00183457.png

Okayama Izushi-cho 1-6-6 
Hirai honten
Bizen ware shop











[PR]

by mnbcpt2 | 2018-02-28 00:21 | ● ひとりごと