ブログトップ

平井本店ブログ 

mnbcpt2.exblog.jp

明治17年 ( 1884年 ) ~ 岡山市出石町で小さな備前焼の店をやっています





ひさしぶりにミル金を食べました
やっぱりおいしい!



c0336408_01342529.jpg







c0336408_01334624.jpg









冷たくておいしかったな 168.png     
     やっぱりカニドンはええな
c0336408_00060909.png






[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-07-21 01:36 | ● ひとりごと




毎日暑いですね
外に出ると
ジリジリと日焼けしていくのを感じます




今ほど紫外線に関する情報がなかった時代は
日焼けなんてへっちゃらで
帽子も日傘もささずに歩いていました




夏の日の日向と日陰のコントラスト
日陰の黒が濃かったですね




夕方、道に水を撒いているおじさん、おばさんが必ずいましたが
今はそういう光景をみかけなくなりましたね
子供達は今もラジオ体操のカードを首から提げて
公園や校庭に向かって走っていってるんでしょうか




昔、朝の涼しい時間帯に聴いていたラジオ体操の歌を
ひさしぶりにまた聴いてみたくなりました



















c0336408_00311420.png














[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-07-16 14:13 | ● ひとりごと





こんな美味しいとうもろこしを食べたのは

初めてです



c0336408_23005015.jpg




平井本店に立ち寄って下さった茨城県のお客様が

ご自身で栽培されたとうもろこしを送ってきて下さいました



c0336408_23011763.jpg


甘みが逃げないように

皮付きのまま加熱します









皮をとってみると湯気と一緒に

こんなキラキラ光るとうもろこしが出てきました



c0336408_23005612.jpg






一粒一粒が輝いています


c0336408_23010025.jpg






備前焼のお皿にのせてみました


c0336408_23010565.jpg






加熱後もこんなに粒がふっくらです


c0336408_23011316.jpg





今まで食べてきたとうもろこしとは別物でした
みずみずしくてハリがあって
粒が弾けて甘みがあふれてきました





もさもさした感じが全くなくて
粒が歯に、はさがりません
(岡山の方言で、歯と歯の間に挟まらないという意味です)






丹精込めて大切に育てたとうもろこし
早速みんなでいただきました
おいしー あまーい びっくり
口々に歓声を上げ、笑顔になりました
本当においしいものを食べると笑顔になるんですね



ありがとうございました











最高のとうもろこしじゃ♪

c0336408_00060909.png







[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-07-08 00:11 | ● ひとりごと



ハンプティ・ダンプティの牛乳ソフト

いちばん好きなソフトクリームです



c0336408_01023839.jpg
ひとくち食べちゃってます(笑)

















やさしいおいしさ…♡

c0336408_23540220.png












[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-07-05 01:05 | ● ひとりごと



BSの『アーツ&クラフツ商會』という番組
俳優の渡辺いっけいさんが進行役です
映像で見ると、ほんとわかりやすいです






備前焼で出来たマカロンの形の小物入れ、かわいかったです
そして土づくり、土練り、成形、窯詰め、窯焚き、窯出し
一瞬たりとも気の抜けない様々な工程を経て
手元にやってくるんですね













c0336408_23540220.png






[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-07-01 20:08 | ● 備前焼



購入したうつわを使い始める時

湯煮をした方が割れにくいって言いますね






なんでこんなことするの?

って疑問に思いますよね



c0336408_18073593.jpg



窯の中での様子を想像してみると

例えばですが、

うつわの片方の側はものすごい高温にさらされているけれど

もう一方の側はそうでもない…ということが置かれた場所によってでてきます

たくさんの作品を一度に焼くので必ずそういうことがありますよね






ひとつのうつわの中でさらされた温度が違えば

焼くことによって生じる土の変化にも差があります






それを…

あったかいお湯に入れて全体を包んであげると

その差の中にお湯が入り込んで誤差をほぐしてくれます

均一になる感じです






備前焼の場合の湯煮は

お鍋の中で水からグラグラ沸騰する直前まで火にかけて

すぐ火を止めて自然に取り出せる温度にお湯が冷めるまで

ゆっくり放置しておけばOKです






備前焼の土の気持ちになってみると



掘り起こされて
  

練られて
  

捻って形を与えられて
  

窯の中で焼き上げられて
  

いろんな旅をしてきたなという感じでしょうか







人間もどこかの旅から自宅に帰ってきたとき

まずお風呂に入って疲れた身体をほぐしたいと思いますよね

うつわもそんなイメージで


お疲れさん

お風呂でも入って疲れをゆっくりほぐしてね


と、ちょっとひと手間

お湯で疲れを取ってあげるといいかもです








c0336408_23540220.png







[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-06-30 09:11 | ● 備前焼



ババンバ バンバンバン 169.png         

       ババンバ バンバンバン 169.png  





いい湯だな

c0336408_23455249.jpg









紅茶の葉を入れて、お風呂につかってもらうと

おいしい紅茶の出来上がりです


c0336408_23460018.jpg













c0336408_23540220.png

Okayama Izushi-cho 1-6-6 
Hirai honten
Bizen ware shop
Since 1884










[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-06-22 23:55 | ● ひとりごと


c0336408_16244519.jpg




いっぺんに揃えずに
まず自分用の一人分から揃えてみてはいかかでしょう



●ごはん茶碗
●小鉢   
●小皿   
●湯呑   




この4点くらいをお盆にセットしてみてください
ランチョンマットの上でもいいですよ






そこだけ世界が違っていて、気分は時代劇でしょうか

「あー、俺もそういうので食べたいなー」という声があがれば

翌日はその人にそのセットを使ってあげるといいです










c0336408_16243943.jpg










c0336408_00311420.png

Okayama Izushi-cho 1-6-6 
Hirai honten
Bizen ware shop
Since 1884












[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-06-11 17:00 | ● 備前焼



気に入ったビアマグを手にすると
いろんなビールを飲んでみたくなります


c0336408_00142845.jpg
c0336408_00144043.jpg
c0336408_00143448.jpg


 



ビアマグの飲み口のフチが薄いのと分厚いのとありますが
人気なのはビアマグも、ぐい呑みも、薄い方です
食事のときに少しビールやお酒をいただきますの感じですね






個人的には…
三船敏郎になった気分でビールの泡の白いヒゲを付けながら
分厚いフチのビアマグで
グビグビ飲む方が暑さを吹き飛ばせそうな気がしています
                          ワイルドだろ~





c0336408_00295210.jpg
あれ?ガラスのコップで飲んでましたっけ








c0336408_00311420.png






[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-06-10 00:18 | ● ビアマグ



たくさん『イイネ』や『お気に入り』を頂いた、
川端文男さんの珈琲カップとソーサーが入荷しています



c0336408_23081835.jpg

c0336408_23084848.jpg
口径 約9㎝   高さ 約7㎝
c0336408_23091892.jpg

c0336408_23104415.jpg
ソーサー 14.5㎝
c0336408_23105956.jpg
¥27,000





土づくりに膨大な時間がかかる、
自然練り込みという手法で作られた作品です




釉薬を全く使ってない自然な手触りでありながら
しっとりとした土の良さを感じることが出来ます




川端文男さんは前の記事に掲載の
備前焼作家横山直樹さんのお師匠さんです




一杯の珈琲が仕事の疲れを癒してくれます
本を読みながら
珈琲の香りとコクを味わうのも癒しの時間になりますね









c0336408_23243996.png




[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-06-09 23:42 | ● コーヒーカップ




ソーサーが木の葉みたいでかわいいです


c0336408_09380493.jpg








重ねてみるとこんな感じです

ソーサーの余白の部分に小さなクッキーを添えたり

角砂糖とちょこんと置いたりしてもいいです


c0336408_09375885.jpg



 カップ選びで珈琲の味も多少変化するのが不思議なところです169.png





c0336408_07355413.jpg
ソーサー
いちばん幅が広いところが17㎝
いちばん幅が狭いところが15㎝






c0336408_07360748.jpg
カップ口径 9㎝







自然練り込みという大変手間のかかる手法で作られているだけに
見れば見るほど 使えば使うほど
土の良さを感じられるコーヒーカップです



c0336408_07361889.jpg





*************
ありがとうございます
こちらは完売いたしました
sold out
*************







c0336408_09454724.png

Okayama Izushi-cho 1-6-6 
Hirai honten
Bizen ware shop
Since 1884












[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-06-07 09:53 | ● コーヒーカップ




のどじまんTHEワールドで
ペルーの三人組が歌う美空ひばりの『愛燦燦』が
素晴らしかったです




c0336408_23155306.jpg



日本人よりも
日本の心を歌っている感じがしました


c0336408_00034134.png






別の番組ですが、数年前に
ウクライナのナターシャ・グジーさんが
美しい声で『いつも何度でも』を歌ってくれています
このときも驚き感動しました









歌声も容姿も楽器も
天女のようでした



c0336408_23315001.jpg










Okayama Izushi-cho 1-6-6 
Hirai honten
Bizen ware shop
Since 1884

c0336408_23243996.png
169.png



[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-05-14 23:26 | ● ひとりごと




これ何だと思いますか

レンガ?




c0336408_23355150.jpg
c0336408_23363610.jpg










そうなんです。レンガなんです。
備前焼のレンガなんですよ




昔、店の前はこんなレンガが敷かれた
備前焼の舗道だっだそうです
雨上がりの舗道は特に美しかったそうです







c0336408_00034134.png


Okayama Izushi-cho 1-6-6 
Hirai honten
Bizen ware shop
Since 1884

















[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-05-12 23:58 | ● 備前焼




ふっくら炊けた真っ白なお米

噛む程に甘みが出ておいしいです



c0336408_23170488.jpg






c0336408_23170982.jpg






このゴハン茶碗なら
お漬物で何杯でもいけそうです



ほかほか炊き立てのごはんと
明太子の組み合わせもおいしいです



白米、玄米、五穀米
どれも持ち味がありますが
やっぱり白米が好きです









地元で栽培されている新ブランドの
きぬむすめが気になります
地元のニュースで初めて知って
まだ食べたことがないので見つけ次第、
買ってみようと思います






c0336408_08073271.png



 餅つくんかい?






Okayama Izushi-cho 1-6-6 
Hirai honten
Bizen ware shop
Since 1884

















[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-05-07 23:49 | ● ごはん茶碗


付録が欲しくて買った雑誌

パラパラめくりながらお菓子を食べていると181.png



c0336408_01240724.jpg
B'zの稲葉さんのご実家で売っているお菓子だそう








c0336408_01232611.jpg




 


後楽園の特集記事169.png


c0336408_01231501.jpg








同じ町内の『アートスペース油亀』さんが取材されています
この古い建物、風情があります179.png


c0336408_01235739.jpg
 







           
















[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-04-26 01:42 | ● ひとりごと


c0336408_17170258.jpg



紅茶に浮かんだハートのレモンがカワイイ179.png
(画像はお借りしました)




レモンは減農薬でワックス不使用で
食べても安全なレモンだそうですよ




c0336408_19012666.jpg
光浦醸造さんよりお借りしました






友人がイオン岡山の中川政七商店さんで買ってくれました
やっと入荷したそうです






バレンタイン・デーやホワイト・デーの贈り物
結婚式の引き出物としても好評だったそうですよ
わかる気がします





エコレモンの酸っぱさと、
国産の紅茶がやさしく沁みてきました179.png





紅茶の美しい色を楽しむためには白いカップが似合いますね
この場合は茶色い備前焼のカップだと色合いが

わからないですね141.png
 












c0336408_00311420.png






[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-04-24 19:22 | ● ひとりごと




c0336408_01055617.jpg



この動画を見れば
備前焼が出来上がるまでが約4分間でわかります









 かっこいいです179.png









c0336408_00311420.png
Okayama Izushi-cho 1-6-6 
Hirai honten
Bizen ware shop








[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-04-18 01:03 | ● 備前焼









お寿司やお刺身をつまみながら

日本酒 × 備前焼の酒器

これはもう旨いに決まってますね






あっさりと胡瓜巻きもいいな179.png






VISION IMAGE FACTORYさんより

c0336408_23152193.png






c0336408_13421027.png
Okayama Izushi-cho 1-6-6 
Hirai honten
Bizen ware shop





[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-04-14 23:16 | ● 備前焼




倉敷 美観地区の三宅商店さんというカフェです
町屋造りの建物は江戸時代に建てられたそうです






江戸時代に住んでいた人達の残像が見えてきそうです
(怖い意味じゃなく)
この場所で当時は着物姿で行ったり来たりしてたんだなあ





c0336408_11063687.jpg

石が埋め込んである土間がいい感じでした











c0336408_11070455.jpg

この机はこのお店の中では新しい部類でしょう
引き出しに昔のシールがペタペタ貼ってあります












注文したのが、こちらのカレーです



c0336408_11071926.jpg




わぁ、おいしそうなハンバーグ   

いや、待てよ… 
ハンバーグ 頼んでないし⁉

この丸いのは玄米ごはんでした






素揚げした大きめのジャガイモやスライスした蓮根
カレーのルーはトロッとしたタイプでした






三宅商店さんの江戸時代のままの壁や土間
年季の入った座卓
そんな空間でカレーライスを食べるのは不思議な感覚でした






着物姿のお客さんも数名いて
カレーが付かないように気をつけてねと思っちゃいました









c0336408_23243996.png
Okayama Izushi-cho 1-6-6 
Hirai honten
Bizen ware shop








[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-04-10 11:33 | ● ひとりごと




美観地区にフクロウと触れ合えるお店が出来ていました
人間の手のひらの皮脂が付くと良くないらしく
手の甲の方で頭をよしよししてあげます


(手はきちんと消毒するきまりになっています)


c0336408_16064060.jpg
目を細めて気持ち良さそうにしていました








近くで見るのは初めてなので緊張しました
c0336408_16063063.jpg







神秘的です
c0336408_16083466.jpg








一般的なフクロウのイメージはこんな感じかな
c0336408_16084947.jpg







きれいで迫力あります!
c0336408_16062160.jpg







この子も気持ち良さそうにしていました
c0336408_16090487.jpg






でも… キミたち… 本当は森に帰りたいよね?
夜行性だしね






緑の森の壁紙が貼られた部屋で昼間も起きているフクロウくん
ちょっと切ない気もしました


夜のイラスト









c0336408_16071262.jpg
どこを見て 何を考えているのかな
ふるさとの森かなあ

山の間に沈む夕日のイラスト








外に出ると桜がきれいに咲いていて白鳥がスイスイと泳いでいます
桜を見上げる小学生の男の子がかわいらしかったです
桜の美しさに感心しているその様子、見ているこちらの心まで和みます179.png




c0336408_16081451.jpg



















[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-04-06 16:45 | ● ひとりごと



倉敷美観地区へやってきました179.png

c0336408_22594646.jpg





お店のショーケースの曲線とタイルがきれいです
c0336408_23045654.jpg




最近 流行りのマスキングテープがいろいろあります
c0336408_23071270.jpg





c0336408_23035578.jpg





倉敷らしい模様の入った自販機
c0336408_23022199.jpg







きれいな街並みですねー
c0336408_23033152.jpg





古い街並みの中におしゃれな自転車を発見しました
c0336408_23093948.jpg




メイン通りから一本 中に入ったところにも
素敵なお店が出来ていて見たかったんですが
時間が足りませんでした





今度はぶらり…じゃなくて
しっかり調べてから行ってみようと思います179.png








[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-04-05 23:26 | ● ひとりごと











出石町の街並みです

c0336408_22273455.jpg


c0336408_22271739.jpg


c0336408_22272516.jpg



c0336408_22271211.jpg



c0336408_22281123.jpg
画像はお借りしました




















c0336408_23243996.png
Okayama Izushi-cho 1-6-6  Hirai honten
Bizen ware shop






[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-03-18 22:32 | ● ひとりごと





c0336408_19512277.jpg


茶葉の旨みをしっかりと抽出して
お茶を飲むとほっとします


c0336408_19512669.jpg




蓋の取っ手も、持ち手も、注ぎ口もしっかりしてます
急須自体が背が低くて安定感のある形も魅力です

c0336408_19505521.jpg









c0336408_23243996.png
Okayama Izushi-cho 1-6-6  Hirai honten
Bizen ware shop


[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-03-15 20:34 | ● 急須




c0336408_23340394.jpg



いつも行列ができている乃がみの食パン
やっと買えました






c0336408_23341739.jpg




ほんとにふわふわです
お行儀が悪いけど、このまま千切って食べるのが
いちばんおいしさがわかるそうですよ
一人で一斤食べられるかも♪って思いました




c0336408_23425802.jpg




ちなみに一斤400円なので高級食パンです
いつもはパスコの5枚切を食べています





表町を歩いていると乃がみの食パンが入った紙袋を
2つくらい提げている人を見かけます
きっとお土産に持って行くのかな









c0336408_23243996.png
Okayama Izushi-cho 1-6-6  Hirai honten
Bizen ware shop






[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-03-12 23:51 | ● ひとりごと



c0336408_19363803.jpg





先日嬉しいメールが届きました179.png
備前焼を買ってくださったお客さまが
ご自宅で使っている様子を写真に撮って送ってくださいました





リビングのテーブルの上で温かい飲み物を注いでもらって
大切にされている光景でした





皆さんのお宅でかわいがってもらっている備前焼
ほんとにほんとに
ありがとうございます











c0336408_00311420.png

Okayama Izushi-cho 1-6-6  Hirai honten
Bizen ware shop

[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-03-07 23:28 | ● ひとりごと





c0336408_22101893.jpg


隣の湯呑と比べると小さいのがわかるでしょうか








c0336408_22101040.jpg



手に馴染み

お茶・日本酒・ウイスキーこれひとつあれば色々使えます












小さいのも使い勝手がいいよ       
          そうじゃなあ~

c0336408_00060909.png

Okayama Izushi-cho 1-6-6  Hirai honten
Bizen ware shop





[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-03-04 22:15 | ● 湯呑




空間をアレンジする…
なんておしゃれなことは出来ていませんが…

c0336408_15060499.jpg



できるだけたくさんの作品の中から選んでいただきたくて

これでもかとばかりにいっぱい並べています



c0336408_15265434.jpg



たくさん並べていますが、割らないコツは?というと
正面で移動させることくらいでしょうか
斜めからだと距離感がわからず危ない気がします



c0336408_15061193.jpg



もともと頑丈に出来ているので普通の扱いで50年・100年使い続けられ
永くそばに居てくれます




うれしいとき 悲しいとき
人生のいろんな場面で話を聞いてくれる
良き話し相手の備前焼です











c0336408_00060909.png

Okayama Izushi-cho 1-6-6  Hirai honten
Bizen ware shop

[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-03-03 15:48 | ● ひとりごと



両親のごはん茶碗は
もう50年以上昔のものです
長く使う秘訣を聞いてみました





まず使い始める前に

①大きめのお鍋にたっぷりの水を入れます   

➁その中にそおっ~と備前焼を沈めて置きます

③常温から始めて弱火で煮ていきます    

④沸騰する手前、コトコトしてきたら火を止めます         

⑤湯が常温に戻るまでそのままにしておきます

これだけだそうです





毎日使うものなので特別丁寧に扱った覚えもないそうですが
洗い物をするとき水道の蛇口にぶつけないようにする…
気をつけるとしたらそれくらいかなぁと言っておりました





備前焼は釉薬を使わずに高温で何日もかけて焼き締めています
この時点でそもそも丈夫に出来ているんですね




日常使いにぴったりの見た目と味わいです
時代劇のお酒のシーンでも何となくおいしそうな感じがしますね
白いホカホカごはんも、茶色の備前焼だと引き立ちます







お酒も鬼平になった気分で呑めますよ
c0336408_16020857.jpg











c0336408_00060909.png

Okayama Izushi-cho 1-6-6  Hirai honten
Bizen ware shop









[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-02-28 18:32 | ● ごはん茶碗



花を少し飾るだけでも、周辺が明るく際立ちます


c0336408_11412455.jpg




大体のものが柱に納まる幅で、場所を取らず便利です
自然の中で咲いているような風合いに癒されます









c0336408_00060909.png

Okayama Izushi-cho 1-6-6  Hirai honten
Bizen ware shop

[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-02-17 11:51 | ● 花入れ





c0336408_00320224.jpg

店の中 ほぼ茶色です










c0336408_23243996.png
Okayama Izushi-cho 1-6-6  Hirai honten
Bizen ware shop

[PR]
# by mnbcpt2 | 2017-02-16 00:38 | ● 備前焼

by * H i r a i